ローンの残っている愛車を売りました

どうしても駐車場が無くなる

 

まだ車が必要もなくなってきたということがありましたのでは車のローンがまだ残っていたのにも関わらず

 

売却をしたということがあります。
ローンの残っている愛車を売りました
しかしそもそものローンの支払いが終わっていなくても車を売却することができているのかということが

 

私を不安になったので色々確認してみたところ

 

車の名義がきちんとなっていれば問題はないということになっていました。

 

 

自動車検査評にキチンと自分の名前が書いてあるのであればローンが残っていようともあくまで

 

車の所有権は自分のものということになるわけです。

 

 

ですから、

 

基本的にはローンの支払いが残っている場合はな所有権自体が自分のところにはないということになっています。

 

 

ディーラーや中古車販売店などで車をローンで購入すると、

 

自動車検査証所有者の欄には、

 

ローン会社などの名義になっているわけです。

 

 

ですからローン会社などの所有権解除して自分の名義にすると言う必要性が売る時にはその場合においては必要になるわけです。

 

 

そんなことはできるのか、

 

といいますとそれは特に問題なかったです。

 

なぜかと言いますと

 

なぜかと言いますとローン額を超える金額で

 

売却するということができるようになっていましたのでもそれを説明すれば問題なく行うことができました。

 

 

どうしても売らないといけないのか、

 

といえばもう少しくらいは持っていても大丈夫な時もあったのですがさすがに

 

駐車場がなくなり他に用意しなければならないということにもなりましたので

 

不可能ではなかったのですがもう必要ないということで売ってしまおうと考えたわけです。

 

 

ローンが残っていてもそれ以上で売る事が出来る様になった、

 

と言えば問題なく処理することができるようになりました。

 

こうした話をしますと車の売却をするなんて勿体無い、

 

特にローンが残っているのであればなおさらのことだ、

 

と言われることがあるのですが必要ないのであれば売るしかないのです。

 

 

車の売却は当たり前ではありますが、

 

早いほうが良いからです。

 

車の価値はどんどん減っていくという事になりますから、

 

早めに売る事を決意した、

 

というわけです。

 

ローンの残っている愛車を売りました
車の売却をするときにはいくつも業者を比較する事になりましたし、

 

手間がかかることになりましたがそれでもそんなに大変、

 

という気にはならなかったです。

 

それによって少しでも多くローンを返す事ができるのであれば、

 

ということになればこちらとしては非常に助かるからです。

 

その手間は惜しまないことです。

 

 

 

トップページに戻る